健康に美しく

兵庫御朱印|清荒神(兵庫県宝塚市のパワースポット)☓


パワースポット:☆、金運:¥、応対:☓
清荒神清澄寺は平安時代の初め、宇多天皇の創意による理想の鎮護国家、すなわち諸国との善隣友好を深め戦争のない平和社会、万民豊楽の世界を開く勅願寺の一つとして創建されました。天皇は讃岐国の名工、定円法眼に命じて曼陀華の香木で本尊大日如来像を刻ませ、寛平8年(896)に、叡山の高僧静観僧正を迎え、開山の祖としました。

当時は猪名の平野や武庫の浦が一望に見渡せる旧清と呼ばれる山の尾根に清澄寺を、そして西の谷に鎮守神として三宝荒神社を祀りました。山号である蓬莱山の由来とする現在の長尾山系の七嶺七渓に、七堂七十二坊の荘厳な伽藍を造営し、宇多天皇より日本第一清荒神の称号を与えられ蓬莱山清澄寺としておおよそ300年栄えました。

その後、平安時代末期の源平合戦や、天正年間の荒木村重の乱などの戦火により何度も焼失しましたが、荒神社のみはいずれも難を免れ、やがて清澄寺も西の谷である今の地に再建され、江戸時代末期、一代の名僧浄界和上の諸堂再興により現在の山容が形づくられ伽藍が発祥しました。

この神社の神職は全く、教育されていないのか?と思えるほど、態度が非常に悪いです。
二度度行きたくないと思った(実際には自宅は近くであるが二度と行っていませんが。。。)
数少ない神社の一つです。

御朱印|全国のパワースポット・金運スポット紹介

PAGETOP
Copyright © 健康案内 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.